タイヤ交換

今年の冬も暖冬で、

私の住んでいる地域では

スタッドレスタイヤのお世話になる事もなく、

無事に春を迎えました。

春と冬の二回、自分でタイヤ交換しているのですが、

交換時に使用するジャッキの

いい物を見つけたので紹介いたします。

下記のものが私の持ってるジャッキです。

ご存知の方も勿論おられるでしょうが、素人で年間2回しかタイヤ交換をしない者にとって、タイヤ交換って結構大変な作業です。

初めての愛車は若気の至りもあり、油圧の組んである車両を購入した為、車載工具のパンタグラフタイプのジャッキ

(写真中央)では車体が浮かず、

フロアジャッキという写真右上のものを使ってました。

その後、

いろいろな車(SUVタイプも含め)勿論ノーマルです。😅

を乗ってきましたが、このフロアジャッキで2回車コカしてます。恥

車に詳しい方から見れば、

なんで?って笑われますよね。😅そんなやり方してるからや!って怒られてしまうでしょう。

でも、車に疎い私は

横着してしまい、ど真ん中に取り付けて前輪の右左、後輪の右左やっちまうんです。

軽自動車はさほど問題ないんですが、ミニバンなんかでやるとグラグラ安定せず、クロスレンチで締め付ける時に力の掛け方ではなく、体重移動の仕方で車体が揺れて外れる場合があるんです。ジャッキの底部の金属車輪も転がるんで、

かなり危ないです。

しっかり片側ずつジャッキポイントにはめてもジャッキ底部の金属車輪が内側に転がっていきなんか怖い・・・・。

不安定。(車体が傾いてきた事もあります。)

まあ、経験上は外れてもジャッキで持ち上げた車体と地面との距離考えると下敷きになることはないんですが、事故や怪我に絶対はないでしょうし、先に書きました車に詳しい方でしたら無茶苦茶しとるな!と言われてもおかしくない。

やめましょう。

危険です。

そこで最近になり、義父に教えてもらったのが、

写真左上の油圧式パンタタイプです。

こいつは車輪が付いてないので真っすぐ上に押し上げてくれるだけですし、油圧式ですので車載ジャッキのような煩しさもない。

抜群の安定感と安心感!

しかもフロアタイプに比べてコンパクトで軽い。

他にも安全なやり方はあるでしょうし、工具もあるかもしれませんが、私のように車に無頓着で毎年のタイヤ交換行事が億劫な方にはお勧めしたいジャッキです。

また、こんなのがあるよっ!て教えていただける方はぜひ

教えてください。