薪割り道具

キャンプで焚き火を楽しむ為の

薪を割る道具の紹介です。

普段は市販されている薪を購入する事が多いですが、

この度

知り合いから薪用によかったら持って行っていいよ😁

とのありがたい連絡をいただき、

お宝ゲットしたので、早速薪作りです!

私が薪割りに使用する道具はこの3つです。

はじめに、

チゼルという道具にて軽く・小さく

十文字に割ります。

(道をつけるとイメージしてください。)

力は要りません。木槌(掛矢)の頭の重さに任せて載せていく感じで充分入っていきます。

柔らかい木ですとこれだけで割れちゃいます。

次に、できあがった溝にクサビを合わせて木槌で叩き込んでいきます。

この時は少々力を使います。

最初に十文字に溝付けたのは、

いきなり二つに割ってしまうと

次に割る時に、

木の底の面積が小さくなる為、

不安定になるのを避ける為です。

できれば、クサビの打ち込みも

ある程度の深さまで割ったら、

もう片方の溝に差し替えて割る方が

楽に割ることができます。

これで、簡単に割ることができます。

これまで、手斧や鉈で必死に割ってましたが、嘘みたいに楽に安全に割る事ができ、最近はこのやり方に落ち着きました。

この後、乾燥に入りますが、

私はカゴに入れて雨の当たらない所で

2年程放置します。

乾燥後、使用するのを楽しみに保管です(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です