外岩クライミングの2

前回の続きです。

正直、岩登って何が楽しいの?

と良く聞かれてましたが、俺はボルダリングはともかく、ロープクライミングは楽しいと思う事は少なかった。

下手ながらも徐々に登れるようになってきて、リードというやり方?で登る時なんかは常に(今でも)なんでこんなんしてんねんやろ…。泣

帰りたい…。泣

恐怖・恐怖・しか感じてない。手は震えるし、呼吸は早く荒く。

普通の登山でもその感覚は似ている。

アドレナリンは出ているものの恐怖には勝てない。

なのにまた行ってしまう。

ふと、ある時気づきました。

そう!登れたから楽しい😋気持ちいい

じゃなかったんです。僕の場合

登り終えた瞬間。

帰れる!っと思うんです。

恐怖からの解放。

これが登ってしまう理由でした。

帰り道がサイコーに充実している。

今日も無事遊びました。生きてる!

って感じられる事でした。

なかなかそこまでの恐怖って味わえない😋

そこに気づいたある日から、

自分のグレードや上達にこだわらなくなり、楽しく適度に恐怖感を感じ

エンジョイクライミングできる今にいたります。

その後、ボルダリングもやり、アルパインクライミングやルート開拓も経験させていただきました😝

ボルダリングのルート名に私のつけた

名前のルートがあり(グレードは低いです。)

今もそれを誰かがトライしておられる動画を拝見すると懐かしく、ニマニマしてしまいます。(乱玉4級)

最近は、なかなか岩に行く事も減りましたが、久々に岩に触れ、

あ〜怖い怖い!って言いながらの

岩遊びを楽しみました。

またヒィーヒィー言いに行く事でしょう。

で、ロープとマットどちらが好きかと聞かれると、ロープを選ぶでしょうね。

自己最高グレードは

8年も前になりますが、

5.11a (ロープ)

1級 (マット)

現在、5.10a 5級  でしょうね。笑

そう言えば、

その後、デビュー戦で馬鹿にしてきたパイセンと登る機会があり、向こうは全く覚えてすらなかったですが、同じ課題を2人共苦戦、敗退いたしました。

帰りにどれぐらいやってるの?

と聞かれ、腹の中で…

「あなたに馬鹿にされてから1年半ですが?」と呟いておりました🤪

では、また〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です